開示等請求手続きについて

ご本人の個人情報の開示についてご希望の方は、以下に沿ってお申し込みください。

(1)開示内容
  • 当社に登録されているご本人を識別するための情報(氏名・生年月日・住所・電話番号等)
  • 契約内容に関する情報(契約年月日・契約の種類等)
  • 利用状況
  • 支払状況

(2)請求者の範囲
  • 本人
  • 法定代理人
  • 任意代理人
  • 相続人

(3)請求方法
  • 請求方法は来店と郵送があります。いずれの場合も所定の書類をご提出いただきます。下記(4)開示請求に必要な書類等すべてをご提出いただけない場合は、開示請求の受付はできません。
  • なお、ご提出いただいた書類は、ご返却できませんのであらかじめご了承ください。

(4)開示請求に必要な書類等
必要書類
請求者
ご本人
ご本人以外の場合
開示請求書
請求者の本人確認書類(a)
ご本人との関係性を証明する書類(b)
404円分の切手 ※(開示報告書郵送代として簡易書留相当分)
  • ※開示請求書はこちらからお取り出しください。 郵送をご希望の場合はインフォメーションセンターまでご連絡ください。
  • ※開示報告書郵送代は現金、小切手、小為替等では受け付けしておりません。切手をご用意ください。
  • (a)本人確認書類
  • 以下の本人確認書類の中から、写真付きのものは1点、写真がないものは2点をご提出ください。
  • 氏名・生年月日・現住所の記載がある部分をすべてご提出ください。
写真付
写真なし
①運転免許証または運転経歴証明書 ⑥各種健康保険証
②在留カードまたは特別永住者証明書 ⑦年金手帳
③旅券(パスポート) ⑧住民票
④個人番号カード ⑨戸籍謄抄本
⑤住民基本台帳カード(写真付) ⑩印鑑登録証明書(余白に実印を押印してください)
  • ※①~⑦は有効期限内のもののコピーをご提出ください。(来店による受付の場合は原本とコピーをお持ちください。原本で確認させていただいたうえで、コピーをご提出いただきます。)
  • ※⑧~⑩は交付日から3ヵ月以内の原本をご提出ください。
  • ※③旅券(パスポート)は氏名、生年月日、現住所が記載されたページをコピーしてください。所持人記入欄(住所欄)がない旅券(パスポート)の場合は、氏名、生年月日、現住所が確認できる他の本人確認書類を追加でご提出ください。
  • ※④個人番号カードは表面をコピーしてください。裏面に変更情報の記載がある場合は、裏面もコピーしてください。その際、個人番号(マイナンバー)は、黒塗りするなどして個人番号が見えないようにしたうえでご提出ください。
  • ※⑥各種健康保険証(介護保険証を除く)に記載された被保険者等記号・番号および保険者番号は、黒塗りするなどして見えないようにしたうえでご提出ください。
  • ※⑧住民票に個人番号(マイナンバー)の記載がある場合は、黒塗りするなどして番号が見えないようにしたうえでご提出ください。
  • (b)ご本人との関係性を証明する書類
  • 請求者がご本人以外の場合は、(a)請求者の本人確認書類に加え、以下のご本人との関係性を証明する書類(*1)をご提出ください。
  • ※交付日から3ヵ月以内の原本またはコピーをご提出ください。ただし、開示請求委任状および印鑑登録証明書は原本に限ります。
  • ※来店による受付の場合は原本とコピーをお持ちください。原本で確認させていただいたうえで、コピーをご提出いただきます。
①親権者
戸籍謄抄本
②未成年後見人
未成年者の戸籍謄抄本
③成年後見人
登記事項証明書
※保佐人・補助人の方は代理権を確認させていただきますので代理権が確認できる代理行為目録も併せてご提出ください。
④任意代理人(*2)
開示請求委任状(ご本人の実印が押印されたもの)およびご本人の印鑑登録証明書
⑤相続人
相続人であることが証明できる書類として以下AおよびBの書類(*3)
A ご本人の死亡の事実が確認できる書類(*4)
(例:除籍となった戸籍謄抄本、除票となった住民票、死亡届の写し)
B 相続人であることが証明できる書類
(例:ご本人の相続人であることを示す戸籍謄抄本、公正証書遺言、法定相続情報証明制度における法務局発行の「法定相続情報一覧図の写し」(登記官の認証文言付きのもの))
  • (*1)ご本人との関係性を証明する書類は本人確認書類と兼ねることはできません。それぞれ別の書類をご用意ください。
  • (*2)任意代理人(弁護士・認定司法書士を除く)の場合は、ご本人に確認のお電話をさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
  • (*3)Bの書類においてご本人の死亡の事実が確認できれば、Aの書類は不要です。
  • (*4)Aの書類に限り、交付から3ヵ月を経過していてもご提出いただけます。
  • ※開示請求委任状はこちらからお取り出しください。郵送をご希望の場合は インフォメーションセンターまでご連絡ください。
  • ※上記以外の代理人の方についてもご本人との関係性を証明する書類をご提出いただければ開示が可能となる場合がございます。必要書類がご不明な場合は下記クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン インフォメーションセンターにお問い合わせください。
  • <郵送の場合>
  • 書類の送付先(業務代行先の株式会社クレディセゾン宛となります。)

〒165-8555
東京都中野区江原町1-13-22
株式会社 クレディセゾン 開示請求受付係

  • ※お間違えのないよう、宛先のご確認をお願いします。お客様の大切な書類ですので簡易書留等でご郵送ください。
  • <来店の場合>
  • 最寄りのクラブ・オンクレジットカウンター/ミレニアムカードカウンターへお持ちください。※必要書類は原本とコピーをお持ちください。

(5)手数料・郵送代
  • 開示に関する手数料は現在いただいておりません。ただし、開示報告書の郵送代として開示請求受付時に404円分の切手をいただきます。今後、手数料の改定をさせていただく場合は、事前に料金及びお支払方法をホームページに掲載いたします。
  • ※本人確認書類のコピーや住民票等発行に関する費用等はお客様のご負担となります。
  • ※開示報告書の郵送代は現金、小切手、小為替等では受け付けておりません。
  • ※郵送代(404円分の切手)をいただけない場合は、開示請求の受付はできませんのでご了承ください。また、その際、ご提出いただきました書類はご返却いたしません。

(6)回答方法
開示請求者
回答方法
ご本人または任意代理人 開示対象者ご本人の登録住所宛に郵送(親展扱い)
法定代理人または相続人 法定代理人または相続人の本人確認書類記載の住所に郵送(親展扱い)

(7)訂正等
  • 当社が保有する情報の内容に誤りがあった場合は、迅速に訂正・追加・削除いたします。開示内容にご不明な点がございましたら、当社までご連絡ください。
  • ※調査のご依頼は、(2)の請求者の範囲の方に限らせていただきます。
  • ※調査のご依頼の際は、開示請求受付時と同様の本人確認書類と所定の「開示調査依頼書」をご提出いただきます。

(8)開示できない場合のお取り扱いについて
  • 次のいずれかに該当した場合は、情報の開示をお受けできませんのであらかじめご了承ください。
  • 開示をお受けできない場合は、その旨をご連絡いたします。
  • 本人確認ができない場合
  • 代理人・相続人による請求で、代理権・相続権が確認できない場合
  • 請求内容が、(1)開示内容のいずれにも該当しない場合
  • 本人または第三者の生命、身体、財産、もしくは権利利益を害するおそれがある場合
  • 当社業務に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • 他の法令に違反することとなる場合

(9)開示等の手続きにより取得した個人情報の利用目的
  • 開示請求に伴い当社が取得した個人情報は、ご本人及び代理人の本人確認、回答等、開示に必要な範囲内でのみ利用いたします。


お問い合わせ先
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン インフォメーションセンター(9:00~17:00 1/1休み)
0570-064-796 ※PHS、国際電話、IP電話をご利用の場合は、03-5996-1531/06-7709-8001におかけください。

株式会社セブンCSカードサービス