クラブ・オン/ミレニアムセゾン > 会員規約

永久不滅ポイント交換アイテム

ポイログ 多彩なアイテムをご用意

ポイント交換できます

永久不滅ポイント200ポイント→クラブオン・ミレニアムポイント1,000ポイント

お困りのときは

紛失・盗難のお問い合わせ
(24時間・年中無休)

東京:03-5996-9125

大阪:06-7709-8002

赤城自然園 Akagi Nature Park

新しい今日がある 7&i

NO!クレジットカードのショッピング枠の現金化は厳禁です!!

意外知らないクレジットカードの安全な使い方

システムメンテナンスのお知らせ

イメージ



個人情報の取扱い(収集・保有・利用・提供)に関する同意条項

申込者(以下契約成立により申込者が会員となった場合を総称して「会員」という)は、本同意条項及び今回お申込される取引の規約等に同意の上、申込みをします。


第1条(個人情報の収集・保有・利用、預託)

(1)会員は、今回のお申込みを含む株式会社セブンCSカードサービス(以下「当社」という)との各種取引(以下「各取引」という)の与信判断及び与信後の管理のため、以下の情報(以下これらを総称して「個人情報」という)を当社所定の保護措置を講じた上で収集・保有・利用することに同意します。

①各取引所定の申込時もしくは各取引において、会員が申込書に記載し、もしくは当社所定の方法により届出た会員の氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、Eメールアドレス、職業、勤務先、家族構成、住居状況、取引目的等の事項

②各取引に関する契約の種類、申込日、契約日、商品名、契約額、支払回数、決済口座情報

③各取引に関する支払開始後の利用残高、月々の返済状況、その他客観的事実に基づく情報

④会員が申告した資産、負債、収入等、個人の経済状況に関する情報

⑤会員の来店、問い合わせ等により当社が知り得た情報(映像・通話情報を含む)

⑥犯罪による収益の移転防止に関する法律及び貸金業法に基づき会員の運転免許証、パスポート等によって本人確認を行った際に収集した情報

⑦各取引の規約等に基づき当社が住民票の写し等公的機関が発行する書類を取得した場合には、その際に収集した情報(公的機関に当該書類の交付を申請するに際し、法令等に基づき、①〜③のうち必要な情報が公的機関に開示される場合があります。)

⑧各取引に関する会員の支払い能力を調査するため、会員の源泉徴収票・所得証明等によって、収入の確認を行った場合には、その際に収集した情報

⑨官報や電話帳等一般に公開されている情報

(2)当社が各取引に関する与信、管理、その他の業務の一部又は全部を、当社の委託先企業に委託する場合に、当社が個人情報の保護措置を講じた上で、(1)により収集した個人情報を当該委託先企業に提供し、当該委託先企業が受託の目的に限って利用する場合があります。


第2条(営業活動等の目的での個人情報の利用)

(1)会員は、第1条(1)に定める利用目的のほか、当社が下記の目的のために第1条(1)①②③の個人情報を利用することに同意します。

①当社のクレジット関連事業及び金融サービス事業(それらに付随して提供するサービスを含む。)、並びにその他当社の事業におけるサービス提供、宣伝物・印刷物の送付、電話等による営業案内、関連するアフターサービス

②当社以外の第三者から受託して行う当該第三者の宣伝物・印刷物の送付、電話等による営業案内

③当社のクレジット関連事業及び金融サービス事業(それらに付随して提供するサービスを含む。)、並びにその他当社の事業における市場調査、商品開発

※当社の具体的な事業内容は、当社ホームページ(http://www.7cs-card.jp)に常時掲載しております。

(2)会員は、前項①②の利用について、中止の申出ができます。但し、各取引の規約等に基づき当社が送付する請求書等に記載される営業案内及びその同封物は除きます。


第3条(個人情報の共同利用)

(1)会員は、第1条(1)①②③の個人情報を、当社と、当社の親会社である株式会社セブン&アイ・ホールディングスおよびその関連企業、並びにこれらの会社のうちフランチャイズ事業を行っている会社のフランチャイズ加盟店(以下「セブン&アイHLDGS.」という。)が以下の目的により共同利用すること(以下「共同利用」という。)に同意します。

※共同利用する各社については(http://www.7andi.com)に掲載しております。

①ポイントサービスの提供

②セブン&アイHLDGS.が取扱うサービス・商品の開発

③セブン&アイHLDGS.が取扱うサービス・商品についてのお得情報のご案内

④セブン&アイHLDGS.でのお買物に関するご連絡やご案内

(2)当社とセブン&アイHLDGS.は、前項により共同利用する会員等の個人情報を厳正に管理し、会員等のプライバシー保護に十分に注意を払うと共に前項に定める目的以外には利用しないものとします。なお、個人情報の管理については当社が責任者となります。

(3)会員は、(1)③④の利用について、中止の申出ができます。


第4条(個人信用情報機関への登録・利用)

(1)会員の支払能力の調査のために、当社が加盟する個人信用情報機関(個人の支払能力に関する情報の収集及び会員に対する当該情報の提供を業とする者をいい、以下「加盟個人信用情報機関」という)及び加盟個人信用情報機関と提携する個人信用情報機関(以下「提携個人信用情報機関」という)に照会し、会員及び会員の配偶者の個人情報が登録されている場合には、それを利用することに同意します。なお、加盟個人信用情報機関及び提携個人信用情報機関に登録されている個人情報は、割賦販売法及び貸金業法等により、支払能力(返済能力)の調査以外の目的で使用してはならないこととされています。

(2)会員の各取引に関する客観的な取引事実に基づく個人情報が、(3)に定めるとおり加盟個人信用情報機関に登録され、加盟個人信用情報機関及び提携個人信用情報機関の加盟会員により、会員の支払能力に関する調査のために利用されることに同意します。

(3)加盟個人信用情報機関の名称、住所、問い合わせ電話番号、登録情報、及び登録期間は下記のとおりです。

㈱シー・アイ・シー(CIC)*割賦販売法及び貸金業法に基づく指定信用情報機関
〒160−8375 東京都新宿区西新宿1−23−7 新宿ファーストウエスト15階
ナビダイヤル 0570−666−414 ホームページアドレス http://www.cic.co.jp/
登録情報 氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等本人を特定するための情報、契約の種類、契約日、契約額、貸付額、商品名及びその数量/回数/期間、支払回数等契約内容に関する情報、利用残高、割賦残高、年間請求予定額、支払日、完済日、延滞等支払い状況に関する情報
登録期間
①本契約に係る申込みをした事実は当社が㈱シー・アイ・シーに照会した日から6ヶ月間
②本契約に係る客観的な取引事実は契約期間中及び契約終了後5年間
③債務の支払いを延滞した事実は契約期間中及び契約終了後5年間
※㈱シー・アイ・シー(CIC)の加盟資格、加盟会員企業名等の詳細は、上記の同社のホームページをご覧ください。

㈱日本信用情報機構(JICC)*貸金業法に基づく指定信用情報機関
〒101−0042 東京都千代田区神田東松下町41−1
ナビダイヤル 0570−055−955
ホームページアドレス http://www.jicc.co.jp/ 登録情報 本人を特定するための情報(氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、運転免許証等の記号番号等)、契約内容に関する情報(契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、商品名及びその数量等、支払回数等)、返済状況に関する情報(入金日、入金予定日、残高金額、年間請求予定額、完済日、延滞等)、取引事実に関する情報(債権回収、債務整理、強制解約、破産申立、債権譲渡等)
登録期間
①本契約にかかる申込みをした事実は、申込日から6ヶ月を超えない期間
②本人を特定するための情報は、契約内容、返済状況又は取引事実に関する情報のいずれかが登録されている期間
③契約内容及び返済状況に関する情報は、契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
④取引事実に関する情報は、当該事実の発生日から5年を超えない期間
⑤延滞情報は延滞継続中、延滞解消及び債権譲渡の事実に係る情報は、当該事実の発生日から1年を超えない期間

(4)提携個人信用情報機関は、下記のとおりです。

全国銀行個人信用情報センター
〒100−8216 東京都千代田区丸の内1−3−1
TEL 03−3214−5020
ホームページアドレス http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html
※全国銀行個人信用情報センターは、主に金融機関とその関係会社を会員とする個人信用情報機関です。


第5条(個人情報の開示・訂正・削除)

(1)会員は、当社及び加盟個人信用情報機関並びに提携個人信用情報機関に対して、下記のとおり自己に関する会員の個人情報の開示請求ができます。
①当社に開示を求める場合には、第7条記載の窓口にご連絡ください。開示請求手続き(受付窓口、受付方法、必要な書類、手数料等)の詳細についてお答えします。
②加盟個人信用情報機関及び提携個人信用情報機関に開示を求める場合には、加盟個人信用情報機関にご連絡ください。

(2)万一当社の保有する会員の個人情報の内容が事実と相違していることが判明した場合には、当社は、速やかに訂正又は削除に応じるものとします。


第6条(本同意条項に不同意の場合)

当社は会員が各取引のお申込みに必要な記載事項(各取引の申込書で会員が記載すべき事項)の記載をされない場合及び本同意条項の全部又は一部を承認できない場合、各取引のお申込みをお断りしたり、各取引を終了させることがあります。但し、第2条(1)①②または第3条(1)③④に同意しないことを理由に各取引のお申込みをお断りしたり、各取引を終了させることはありません。


第7条(問い合わせ窓口)

当社の保有する会員の個人情報に関するお問い合わせや、開示・訂正・削除の申出、第2条(2)または第3条(3)の利用の中止、その他ご意見の申出に関しましては、下記の当社インフォメーションセンターまでお願いします。
〒165−8555 東京都中野区江原町1−13−22
インフォメーションセンター
TEL 03−5996−1531


第8条(契約の不成立時及び終了後の個人情報の利用)

(1)各取引の契約が不成立の場合にも、その不成立の理由の如何を問わず、当該各取引が不成立となった事実、及び第1条(1)に基づき当社が取得した個人情報は以下の目的で利用されますが、それ以外に利用されません。
①会員との各取引(新たなお申込みを含む)に関して、当社が与信目的でする利用
②第4条(2)に基づく加盟個人信用情報機関への登録

(2)各取引が終了した場合であっても、第1条(1)に基づき当社が取得した個人情報は、前項①に定める目的及び開示請求等に必要な範囲で、法令等又は当社所定の期間保有し、利用します。

(3)第1項②は、加盟個人信用情報機関及び提携個人信用情報機関の加盟会員により、会員の支払能力に関する調査のために利用されます。


第9条(合意管轄裁判所)

会員と当社の間で個人情報について、訴訟の必要が生じた場合は、訴訟額の多少にかかわらず、会員の住所地及び当社の本社、支店を管轄する簡易裁判所及び地方裁判所を管轄裁判所といたします。


第10条(条項の変更)

本同意条項は当社所定の手続きにより変更することができます。


第11条(提携クレジットカードの特則)

会員は、各取引が、当社が第三者(以下「提携先」という)と提携して発行するクレジットカード(以下「提携カード」という)に係る契約の場合には、当社は本同意条項に基づき、提携先は「提携企業の個人情報取扱い(収集・保有・利用)に関する同意条項」に基づき、各々当該会員の個人情報を個別に収集・利用することに同意します。なお、会員が第1条(1)の個人情報の変更を当社又は提携先のいずれかに届け出たときも同様とします。


提携企業の個人情報取扱い(収集・保有・利用)に関する同意条項


第1条(適用)

本同意条項は、申込者(以下契約成立により申込者が会員となった場合を総称して「会員」という)が申込書表記の企業(以下「提携企業」という)が株式会社セブンCSカードサービスと提携して発行するクレジットカード(以下「提携カード」という)の申込みを行う場合に適用します。


第2条(同意)

 会員は提携企業が独自に下記の個人情報を下記の目的のために、収集・保有・利用することに同意します。

[収集・保有・利用する個人情報]

○提携カード申込書に会員が記載した会員の氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、Eメールアドレス、職業、勤務先、家族構成、住居状況及び申込書以外で会員が提携企業に届出た事項

○提携企業における提携カード利用に関する契約日、商品名、契約額、支払回数

[利用目的]

○提携企業の提供する提携カードの機能・サービス及びその他提携企業の事業に関する、サービス提供、宣伝物・印刷物の送付、電話等による営業案内、関連するアフターサービス

○提携企業の提供する提携カードの機能・サービス及びその他提携企業の事業に関する、市場調査、商品開発

※提携企業の具体的な事業内容は提携企業ホームページ等に常時掲載しております。


第3条(提携企業との同意事項の適用)

 提携企業と会員との間で会員の個人情報を収集・利用することにつき別途同意がある場合で、当該同意事項と本同意条項の内容が相違するときは、提携企業との同意事項が適用されます。


個人情報の取扱い(収集・保有・利用・提供)に関する同意条項
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン特約


第1条(適用)
株式会社セブンCSカードサービス(以下「当社」という)が株式会社そごう・西武(以下「そごう・西武」という)と提携して発行するクラブ・オン/ミレニアムカード セゾン(以下「本カード」という)の会員(以下「本会員」という)については、「個人情報の取扱い(収集・保有・利用・提供)に関する同意条項」」及び「提携企業の個人情報取扱い(収集・保有・利用)に関する同意条項」に加え、本特約が適用されます。


第2条(個人情報の提供・利用)

(1)本会員は、当社が保護措置を講じた上で以下の個人情報を株式会社クレディセゾン(以下「セゾン」という)に提供し、セゾンが以下の目的で利用することに同意します。

[利用目的]
○セゾンが提供する永久不滅ポイント(以下「ポイント」という)の付与・交換その他ポイントプログラムの管理・運営のため
○ポイントプログラムに関する各種サービス提供のため

[提供する個人情報]
○本カード利用に関する契約日、契約額、商品名、支払回数、その他ポイント付与・交換等に必要な情報
○当社に届出たEメールアドレス等ポイントプログラムに関する各種サービスに必要な情報

(2)本会員は、当社が保護措置を講じた上で以下の個人情報をそごう・西武に提供し、そごう・西武が以下の目的で利用することに同意します。
[利用目的]
○そごう・西武が提供するクラブ・オン/ミレニアムポイントの付与・交換その他ポイントの管理・運営のため
○クラブ・オン/ミレニアムポイントに関する各種サービス提供のため
[提供する個人情報]
○本カード利用のうちクラブ・オン/ミレニアムポイント付与の対象となる加盟店における契約日、契約額、加盟店名、その他ポイント付与・交換等に必要な情報


第3条(個人情報の共同利用)
そごう・西武は、そごう・西武と個人情報の共同利用に関する契約を締結した企業(以下「共同利用会社」という)と、以下に定める個人情報を以下に定める利用目的で共同して利用します。なお、共同利用会社の範囲及び個人情報の管理について責任を有する企業については、そごう・西武のホームページに掲載しております。
[利用目的]
○商品・サービスの開発又は営業情報・商品情報等の各種ご案内の送付若しくは送信
[共同利用する個人情報の項目]
○本カード申込書に本会員が記載した本会員の氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、Eメールアドレス、職業、勤務先、家族構成、住居状況


第4条(特約の変更)
本特約は当社及びそごう・西武所定の手続きにより変更することができます。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン特約

第1条(カード名称)
株式会社セブンCSカードサービス(以下「当社」という)が株式会社そごう・西武(以下「そごう・西武」という)と提携してクラブ・オン/ミレニアムカード機能部分はそごう・西武、クレジットカード機能部分は当社が提供するもので、クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン(以下「本カード」という)と称します。


第2条(カードの発行)
(1)お客様が、本特約及びセブンCSカード規約、クラブ・オン/ミレニアムカード 会員規約を承認し、そごう・西武及び当社(以下「両社」という)に本カードのご利用のお申込をされ、両社が本カードのご利用を認めた方(以下「会員」という)に、本カードを発行いたします。

(2)前項のお申込みの結果、当社より会員と認められなかった方には、そごう・西武の定める手続完了後にクラブ・オン/ミレニアムカードを発行いたします。但し、既にクラブ・オン/ミレニアムカード会員の方が本カードの申込みをされ、当社より会員と認められなかった場合には、引き続き従前のクラブ・オン/ミレニアムカードをご利用いただきます。


第3条(クラブ・オン/ミレニアムカード機能)
(1)クラブ・オン/ミレニアムカード機能部分については、本特約及びクラブ・オン/ミレニアムカード 会員規約が適用されます。

(2)ミレニアム/クラブ・オン カード 会員規約第6条に定める他、両社が指定する加盟店において本カードによる信用販売を利用した場合、そごう・西武は所定のクラブ・オン/ミレニアムポイントを付与します。但し、一部の売場・商品を除きます。なお、この場合の本カードの利用金額は、ミレニアム/クラブ・オン カード 会員規約第6条第2項に定める年間お買いあげ額への加算対象にはなりません。


第4条(クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカード)

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン・アメリカン・エキスプレスカードについては、セブンCSカード規約アメリカン・エキスプレス・カードの特則第3条及び第5条を除くその他の規定が適用されます。


第5条(届出事項変更の届け先等)
会員には、住所、電話番号、勤務先等に変更が生じた場合、及び本カードについて紛失、盗難等が生じた場合、クラブ・オン/ミレニアムカード 会員規約及びセブンCSカード規約に基づき、両社にその旨届け出ていただきます。


第6条(会員資格の喪失等)
(1)セブンCSカード規約第23条(1)に以下の事項を追加いたします。
⑨会員がクラブ・オン/ミレニアムカード 会員規約第12条、又は第13条に基づき会員資格を喪失したとき。
(2)セブンCSカード規約第23条に基づき会員資格を喪失した場合、そごう・西武の定める手続完了後にクラブ・オン/ミレニアムカードを発行いたします。


第7条(特約の変更)
会員が本特約の変更及びその変更内容の告知後に本カードをご利用された場合は、会員は、その変更内容をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。


セブンCSカード規約


第1章(カードの発行)

第1条(カードの発行)

(1) 本規約を承認し、株式会社セブンCSカードサービス(以下「当社」という)が発行するクレジットカード(以下「カード」という)にご利用のお申込みをされた方(以下「申込者」という)で、当社が、カードのご利用を認めた方(以下「本会員」という)にカードを発行します。

(2)  本会員が予め指定したご家族のうち、本会員が本規約に基づき生ずる当社に対する一切の責任を負うことをご承認の上当社に入会の申込みをされ、当社がご利用を認めた方(以下「家族会員」といい、本会員と総称して「会員」という)に家族カードを発行いたします。本会員は、家族会員に本規約を遵守させる義務を負うものとします。

(3)家族カードを発行するカードは当社が指定します。

(4)会員の集まりをセゾンサークルとします。


第2条(カードの貸与)

(1)カードの所有権は当社にあり、カードは当社から会員に貸与するものです。

(2)カードのご利用は会員に限定され、カードを貸したり、譲り渡したり、質入その他の担保利用などはできません。

(3)会員にはカードを受け取られたと同時に、カードの所定欄に署名していただきます。

(4)会員が(2)又は(3)に違反して、他人にカードを利用させ又は利用されたことによる損害は、本会員のご負担となります。


第3条(有効期限)

(1)カードの有効期限は、当社が定めます。

(2)(1)の有効期限までに特に本会員からのお申し出がなく、当社が引続き会員として認めた方には、新しい有効期限のカードを送付いたします。


第4条(暗証番号)

(1)お申込時にお届けいただく暗証番号は、生年月日・電話番号等他人に容易に推測される番号を避け、ご本人以外の方に知られないよう注意していただきます。なお暗証番号のお届けは、本会員に行っていただきます。

(2)会員が、本会員又はご本人以外の方に暗証番号を知らせ、又は知られたことから生じた損害は、本会員のご負担といたします。但し、会員の故意又は過失のなかったことが当社で確認できた場合は、本会員のご負担とはなりません。

(3)本会員から暗証番号の届出がない場合には、当社が所定の方法により暗証番号を登録する場合があることをご承諾いただきます。


第2章(カードによる商品購入等)

第5条(カードのご利用)

(1)当社の指定する店舗・施設・売場等(以下「店舗」という)で、カードを提示し、伝票等に署名することにより、商品・権利の購入又はサービスの提供(商品・権利・サービスを以下「商品等」という)を受けることができます(以下「商品購入」という)。但し、一部カードのご利用ができない商品等もございます。なお、当社が店舗へ立替払いをすること、及び商品等の購入を取り消し代金精算される際は当社の定める方法でお手続きいただくことを、予めご承諾いただきます。

(2)(1)の規定にかかわらず、当社の指定する店舗においては、立替払いではなく、当社が商品購入代金債権を譲り受けることを予め承諾していただきます。但し、取り消しについては、(1)を適用いたします。

(3)当社が認める店舗又は商品等については、(1)に定める伝票等への署名を省略すること、もしくは伝票等への署名に代えて暗証番号を入力する方法によること、又はカードの提示及び伝票等への署名に代えて暗証番号、カード番号等カード上に記された情報のいずれか又は両方を入力する方法等により、商品の提供を受けることができるものとします。

(4)カードのご利用に際して、商品等の内容等によっては当社の承認が必要となります。この場合、店舗が当社に対してカードのご利用に関する確認をいたします。確認の内容によっては、当社は、カードのご利用をお断りすることがあります。また、貴金属・金券類等の一部の商品では、カードのご利用を制限させていただく場合があります。

(5)カードのご利用可能枠は、本会員からのご利用希望枠を参考に当社が審査し決定した額までとします。但し、当社が必要と認めた場合に変更し、又はご利用を停止させていただきます。また、当社が特に認めた場合を除き、ご利用可能枠を超えてのカードのご利用はできません。

(6)当社のクレジットカードを2枚以上お持ちの場合には、各カード毎に定められたご利用可能枠のうち、最も高い額を会員のご利用可能な上限額といたします。但し、それぞれのカードにおけるご利用可能枠は、各カードに定められた額といたします。

(7)会員は、換金を目的とする商品購入はできません。


第6条(保険及び電話サービス等にかかる代金等のお支払い)

(1)インターネット接続、保険、電気・ガス・水道利用等継続的サービスの事業提供者(以下「継続的サービス事業提供者」)とのお取引にかかわる継続的サービス利用代金のお支払いにカードをご利用される場合、当社が会員のために当該継続的サービス事業提供者に対してお支払いすることをご了承いただき、第7条(弁済金等の支払方法等)により当社へのお支払いをしていただきます。

(2)カードでの継続的なお支払いを中止される場合は、カード解約の有無にかかわらずその旨継続的サービス事業提供者の定めた方法で継続的サービス事業提供者に申し出、承諾を得ていただきます。

(3)会員又はカード解約された元会員(以下「会員等」という)が前項の継続的サービス事業提供者からの承諾を得ないために発生したご利用代金の請求に対し、当社が継続的サービス事業提供者に支払いを行ったときにも、会員等はそのご利用代金を第7条(1)によりお支払いいただきます。

(4)カードがご解約又はご利用停止となった場合は、当社は継続的サービス事業提供者に対するご利用代金の支払いを中止できます。この場合に当該契約が解約となっても、当社は責任を負いません。なお、会員等が契約の継続を希望される場合は、直接継続的サービス事業提供者との間でお手続きをお願いいたします。

(5)会員は、各契約加入申込みの条件、本規約等の諸条項を守っていただきます。


第7条(弁済金等の支払方法等)

(1)商品購入代金のお支払方法は、預金口座振替依頼書等にて本会員より指定された金融機関口座からの自動振替といたします。お支払い金額は商品購入代金を毎月末日に締切り(以下「締切日」という)、(2)の方法により算定した額とし、翌々月4日(金融機関休業日の場合は、翌営業日。以下「お支払日」という)にお支払いいただきます。なお、事務上の都合により支払い開始が遅れることがあります。また、当社は金融機関に再度口座振替の依頼ができるものとしますが、当社が再度口座振替の依頼をしない場合にも、本会員には異議のないものとします。

(2)会員にはご利用の都度、以下のリボルビング方式、1回払い、ボーナス一括払い、2回払い又はボーナス2回払い、分割払いのいずれかをご指定いただきます。但し、1回払い以外のご利用は、当社が指定する店舗・商品等・期間に限らせていただきます。なお、お支払方法のご指定がない場合には、1回払いとなります。

①リボルビング方式-締切日における商品購入代金の残高(以下「締切日残高」という)を基礎として、末尾「月々のお支払額算出表」記載の、標準コースもしくは長期コースのうち本会員が予め選択されたコースにより定める金額又は本会員が定額コースを選択のうえ1万円単位で予め指定された金額(以下「弁済金」という)をお支払いいただく方法です。弁済金には、毎月の締切日残高に対し、各コースともに当社が定める手数料を含みます。手数料の実質年率は、カード送付時の書面にてお知らせいたします。また、お支払日前にお支払いされた場合にも、その手数料をいただきます。

②1回払い(支払回数:1回)-商品購入代金締切後、最初のお支払日に全額一括してお支払いいただく方法です。

③ボーナス一括払い(支払回数:1回)-商品購入代金締切後、最初のボーナス月(1月又は8月)のお支払日に一括してお支払いいただく方法です。

④2回払い(支払回数:2回)-商品購入代金締切後、最初及びその次のお支払日の2回で均等分割してお支払いいただく方法です。なお円未満の端数が出た場合には2回目にお支払いいただきます。

⑤ボーナス2回払い(支払回数:2回)-商品購入代金締切後、最初及びその次のボーナス月(1月及び8月又は8月及び1月)のお支払日の2回で、均等分割してお支払いいただく方法です。なお円未満の端数が出た場合及び分割払手数料は2回目にお支払いいただきます。支払期間、実質年率、分割払手数料は、下表のとおりとなります。

(例)現金価格50,000円(税込)のとき

●分割払手数料  50,000円×(3.0円/100円)=1,500円

●支払総額  50,000円+1,500円=51,500円

●各支払日の分割支払金 1回目 25,000円、2回目 26,500円


利用月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1回目 8月 8月 8月 8月 8月 8月 1月 1月 1月 1月 1月 8月
2回目 1月 1月 1月 1月 1月 1月 8月 8月 8月 8月 8月 1月
支払回数(回) 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2
支払期間(ヶ月) 12 11 10 9 8 7 13 12 11 10 9 13
実質年率(%) 3.79 4.24 4.80 5.54 6.55 8.00 3.79 4.24 4.80 5.54 6.55 3.43
現金価格100円当たりの手数料の額(円) 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0 3.0

※手数料に円未満の端数が生じた場合は、切り捨てます。

※実質年率は、小数点第3位を切り上げて表示しています。


⑥分割払い−商品購入代金締切後の各お支払日に、当該商品の現金価格に下表により算出した分割払手数料を加算した金額を当該商品購入時に指定した支払回数で割った金額を支払いいただく方法です。但し、各お支払日の支払金額の単位は1円とし、端数が発生した場合は初回に算入いたします。なお、支払回数、支払期間、実質年率、手数料は下表のとおりとなります。

  (例) 現金価格  50,000円(税込)、10回払いのとき

   ●分割払手数料  50,000円 ×(5.0円/100円)= 2,500円

   ●支払総額 50,000円 + 2,500円 = 52,500円

   ●各支払日の分割支払金 52,500円 ÷ 10回 = 5,250円


支払回数 (回) 3 5 6 10 12 15 18 20 24
支払期間(ヶ月) 3 5 6 10 12 15 18 20 24
実質年率 (%) 9.0 10.0 10.3 10.8 10.9 11.1 11.1 11.2 11.2
現金価格100円当たりの手数料の額 (円) 1.5 2.5 3.0 5.0 6.0 7.5 9.0 10.0 12.0

⑦お支払い方法の変更-お支払い方法の変更を申し出られ、当社が認めた場合には、1回払い分、ボーナス一括払い分及び2回払い分をリボルビング方式に変更できます。この場合、新たにリボルビング方式でお支払いいただく弁済金は、①の締切日残高及び変更した1回払い分、ボーナス一括払い分並びに2回払い分の合計額を基礎として計算します。また、その手数料も、その合計額に基づき計算します。なお、2回払い分をリボルビング方式に変更する場合に変更の対象となる商品購入代金は、1回目の支払分が当社の定める請求額の確定日に確定する以前にお申し出いただいた場合のみ当該商品購入代金の全額とし、当該確定日以後にお申し出いただいた場合は、支払金額が確定した売上分といたします。

⑧お支払い方法の自動変更サービス-当社の定める方法でお申し出いただくことにより、全ての商品購入代金のお支払い方法をリボルビング方式へ変更できます。

(3)(2)①の弁済金、②の1回払いによりお支払いいただく金額及び、③から⑥によって各回ごとにお支払いいただく金額(以下「分割支払金」といい、毎月のお支払い金額の総称を「弁済金等」という)は予めご利用明細書でお知らせいたします。弁済金等については、当該通知受取り後20日以内に、本会員から特にお申し出のない場合は承認されたものといたします。

(4)本会員に、当社の定める請求額の確定日までに当社にお申し出いただくことにより、次回お支払日の弁済金等を増額することができます。

(5)手数料率、末尾「月々のお支払額算出表」の金額は、金融情勢等により変更させていただくことがあります。その場合、第19条(本規約の変更等)の規定にかかわらず、当社から変更をお知らせいたしました時の残高を含め、変更後の手数料率及び金額が適用されます。

(6)会員が分割払いの場合に当初の契約のとおりにお支払いされかつ約定支払期間の中途で残債務を一括してお支払いいただいた場合、会員は78分法又はこれに準じる計算方法により算出された期限未到来の分割払手数料のうち当社の定めた割合による金額の払戻しを当社に請求することができます。


第8条(遅延損害金)

(1) 弁済金等のお支払いが遅れた場合は当該金額(第7条(弁済金等の支払方法等)(2)①及び⑤の手数料を除きます。)に対し、各お支払日の翌日からお支払い完了に至るまで、年14.6%で計算された遅延損害金をいただきます。但し、分割支払金については、当該分割支払金の残金全額に対し年6.0%で計算された額を超えないものとします。

(2) 第20条(期限の利益喪失)によりお支払期日前に全額お支払いいただくことになった場合は期限の利益を喪失した日の翌日からお支払い完了に至るまで、1回払い及びリボルビング方式による商品購入代金については残債務の全額に対し年14.6%、分割支払金の残金全額については年6.0%で計算された遅延損害金をいただきます。

(3) 遅延損害金の料率の変更については第7条(弁済金等の支払方法等)(5)を適用いたします。


第9条(商品の所有権)

 購入された商品の所有権は、お支払いが完了するまで当社にあるものといたします。


第10条(見本、カタログ等と現物の相違)

見本、カタログ等により商品購入された場合で、届いた商品等がそれらと相違するときは、ご利用店舗に対し商品等の交換又は契約の解除を申し出ることができます。


第11条(支払停止の抗弁)

(1)本会員は、以下のような場合には、その原因が解消されるまでの間、その商品等についての弁済金等のお支払いを停止することができます。

①商品・権利の引き渡しやサービスの提供がなされないなどの場合。

②商品の破損、汚損、故障、又は商品・権利に、その他何らかの欠陥がある場合。

③その他、会員が商品購入により店舗に対し持っている権利に、社会通念上認められる原因がある場合。

(2)当社は、本会員から(1)の支払いの停止のお申し出があったときは、直ちに当社の定める手続きをいたします。

(3)(2)のお申し出のときは、問題解決のために店舗との交渉に努めていただきます。

(4)(2)のお申し出のときは、上記内容がわかるものを書面にて(資料がある場合には資料を添付して下さい)当社に提出していただくようお願いいたします。また、申し出られた内容を当社が調査するときは、ご協力をお願いいたします。

(5)(1)の規定にかかわらず、以下のいずれかに該当するときは、お支払いを停止することはできません。

①商品購入が割賦販売法第35条の3の60第1項に該当するとき。

②リボルビング払いで利用した1回の商品購入に係る現金価格の合計が3万8千円に満たないとき。

③リボルビング払い以外の支払方法で利用した1回の商品購入に係る支払総額が4万円に満たないとき。

④本会員によるお支払い停止のお申し出内容が信義に反すると認められるとき。


第3章(キャッシングサービス)

第12条(キャッシングサービス)

(1)本会員は、以下のいずれかの方法により当社から融資(以下「キャッシングサービス」という)を受けられます。本会員が申し込み当社が認めた場合は家族会員もキャッシングサービスを利用できます。

①当社及び当社の提携する金融機関等組織(以下「提携金融機関」という)の現金自動支払機又は現金自動預払機(以下「CD・ATM」という)を利用する方法。

②当社所定の手続きにより第7条(弁済金等の支払方法等)(1)で本会員が指定した金融機関口座に振込む方法。

③その他当社が定める方法。

(2)1回当たりの融資金額は、原則として1万円単位といたします。但し(1)②の方法による場合、及び当社が認める場合に限り1,000円単位とします。キャッシングサービスのご利用可能枠及びご利用の停止については第5条(カードのご利用)(5)、当社クレジットカードを2枚以上お持ちの場合のご利用可能な上限額、及びそれぞれのクレジットカードのご利用可能枠については第5条(6)を適用いたします。

(3)当社は、会員のキャッシングサービスご利用方法について、当社が不適切と認めた場合には、キャッシングサービスのご利用をお断りすることがあります。


第13条(融資金の支払方法等)

(1)キャッシングサービスご利用による融資金(以下「融資金」という)及び利息(融資金と利息とを合わせ、以下「融資金等」という)のお支払方法は、ご利用の都度、以下の定額リボルビング方式(以下「リボルビング払い」という)、又は一括返済方式(以下「一括払い」という)のいずれかをご指定いただきます。

①リボルビング払い-本会員が以下の標準コース、又は長期コースのうちあらかじめ選択されたコースによりお支払いいただく方法です(但し長期コースは、当社が認めた場合に限り選択いただけます)。

○標準コース-毎月のお支払日に、融資金等を1万円ずつ(1万円未満の場合は全額)お支払いいただく方法です。但し、締切日の融資金残高が20万円を超えたときはお支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。

○長期コース-毎月のお支払日に、融資金等を4千円ずつ(4千円未満の場合は全額)お支払いいただく方法です。但し、締切日の融資金残高が10万円を超えたときはお支払い金額が2千円増額され、これに加え5万円を超える毎に2千円ずつ増額されます。

②一括払い-お支払日に融資金等を全額一括してお支払いいただく方法です(①の毎月のお支払い金額と②によってお支払いいただく金額とを合わせ、以下「返済金」という)。

③お支払いの変更-お支払いの変更を申し出られ、当社が認めた場合には、締切日現在の一括払い分をリボルビング払いに変更できます。この場合、新たにリボルビング払いでお支払いいただく返済金は、①の締切日融資金残高及び変更した一括払い分の合計額を基礎として計算いたします。また、その利息も、その合計額に基づき計算いたします。

④お支払い方法の自動変更サービス-当社の定める方法でお申出いただくことにより、すべての融資金等のお支払い方法をリボルビング方式へ変更できます。

(2)融資利率は、カード送付時の書面にてお知らせし、利息は毎月締切日の融資金残高に対し前回のお支払日の翌日から次回のお支払日までの日割計算によって計算された金額となります。但し、第1回目の利息は、ご利用日の翌日から第1回目お支払日までの日割計算によって計算された金額といたします。なお、融資利率が利息制限法第1条第1項に規定する利率を超える場合は、超える部分について本会員に支払い義務はございません。

(3)融資金の締切り並びに返済金のお支払日、その他の支払方法については第7条(弁済金等の支払方法等)(1)を、返済金の請求通知等については第7条(3)を、返済金の増額については第7条(4)を、リボルビング払いの額及び利率の変更については第7条(5)をそれぞれ適用いたします。なお、当社の定めた方法によりお支払日前にご返済いただくこともできます。この場合の利息については、ご利用日、又は前回お支払いいただいた日の翌日からの日割計算によって計算された金額といたします。

(4)(2)又は(3)の規定にかかわらず、ご利用日にご返済いただく場合には、1日分の利息をお支払いいただきます。

(5)当社は、貸金業法第17条及び同法第18条に基づき交付する書面(電磁的方法によるものを含む)を、キャッシングサービスのご利用・ご返済の都度交付するか、又は、毎月一括記載により交付するかを任意に選択できるものとします。なお、毎月一括記載による交付に同意されない場合、当社は、キャッシングサービスのご利用を制限又は中止することがあります。

(6)(5)の書面に記載する、返済期間、返済回数及び返済金額は、当該書面に記された内容以外にキャッシングサービスのご利用又はご返済がある場合、変動することがあります


第14条(遅延損害金)

(1) 返済金のお支払いが遅れた場合は、当該金額の融資金相当分に対し、各お支払日の翌日からお支払い完了となるまで融資利率の1.46倍の実質年率(但し、年20.0%を上限とします)で計算された額の遅延損害金をお支払いいただきます。

(2) 第20条(期限の利益喪失)に該当し支払期日前に全額支払うことになった場合は、残債務(融資金)の全額に対し、期限の利益を喪失した日の翌日からお支払い完了となるまで融資利率の1.46倍の実質年率(但し、年20.0%を上限とします)で計算された額の遅延損害金をお支払いいただきます。

(3) 遅延損害金の利率の変更については第7条(弁済金等の支払方法等)(5)を適用いたします。


第4章(共通事項)

第15条(支払額の充当方法)

(1)本会員からお支払いいただいた金額が支払債務全額を完済するに足りない場合は、特に通知をせずに当社が適当と認める順序・方法によりいずれの債務にも充当できるものとします。なお、そのお支払いが、期限の到来した債務の全額を超えている場合は、特に通知をせずに当社が適当と認める順序・方法によりいずれの期限未到来債務にも充当できるものとします。

(2)(1)の規定にかかわらず、リボルビング払いの支払停止抗弁に係る債務については、割賦販売法第30条の5の規定によります。


第16条(カードの紛失、盗難等)

(1)カードを紛失されたり、盗難にあわれた場合(以下「紛失等」という)、すみやかに当社へ連絡し、当社の定めた書面をご提出のうえ、所轄の警察署へお届けいただきます。なお、被害状況等を当社が調査する際には、ご協力いただきます。

(2)(1)の場合、ご本人以外によるカードのご使用により生じた損害のうち、当社にご連絡をいただいた日を含めて、61日前までさかのぼり、その後に発生した分については会員の責任はないものといたします。但し、以下の項目に該当する場合は、本会員にお支払いいただきます。

①会員が第2条(カードの貸与)に違反されたことによる場合。

②①以外に、会員が本規約に違反されている場合。

③戦争、地震等の社会的な混乱の際に紛失等が生じた場合。

④会員の故意又は重大な過失によって、紛失等が生じ又は損害が拡大した場合。

⑤第4条(暗証番号)(2)にあたる場合。

⑥カードが会員の家族、親類、同居人、その他会員ご本人以外の関係者によって使用されたことによる場合。

⑦(1)の届出書面に虚偽の申告があった場合、又は正当な理由なく被害状況の調査にご協力いただけない場合。


第17条(カードの再発行)

(1)カードが紛失、盗難、汚破損等によりご利用できなくなった場合には、会員には当社が定める手続きをおとりいただき、当社が認めた場合に再発行いたします。この場合、本会員には当社が定めるカード再発行費用をご負担いただきます。なお、カード再発行費用については、第7条(弁済金等の支払方法等)(2)②に定める1回払いに準じて取扱います。

(2)(1)によりカードを再発行した場合、会員は継続的サービス事業提供者の要請により会員番号等の変更情報等が当社から当該継続的サービス事業提供者に通知されることを予め承認していただきます。


第18条(お届け事項の変更等)

(1)本会員には、住所、氏名、電話、Eメールアドレス、勤務先、金融機関口座、犯罪による収益の移転防止に関する法律に基づき当社に届け出た事項(取引目的等を含みます。)等のお届け事項に変更があった場合、すみやかに当社へ変更の手続きをおとりいただきます。

(2)変更となった旨の連絡がなかったために、当社が本会員にお届けする請求書、通知書等が未到着の場合でも通常通りに到着したとみなします。但し、やむを得ない事情により(1)の変更手続きをとれなかった場合を除きます。

(3)当社は、本会員と当社との各種取引において、本会員が当社に届け出た内容又は公的機関が発行する書類等により当社が収集した内容のうち、同一項目について異なる内容がある場合、最新のお届け又は収集内容に変更することができるものとします。


第19条(本規約の変更等)

当社は本規約の一部もしくは全てを変更する場合は、当社ホームページ(http://www.7cs-card.jp)での告知その他当社所定の方法により本会員にその内容をお知らせいたします。お知らせ後に会員がカードをご利用された場合は、内容をご承認いただいたものとみなさせていただきます。


第20条(期限の利益喪失)

(1)以下のいずれかに該当する場合は、当社からの通知等がなくとも期限の利益を喪失し、本会員は直ちに残債務の全額を支払うものとします。

①弁済金等のお支払いが遅れ、当社から20日以上の相当な期間を設け、その旨を書面で催告したにもかかわらず、その期間内のお支払いがなかったとき。

②商品購入が割賦販売法第35条の3の60第1項に該当する場合で、本会員の弁済金等のお支払いが1回でも遅れたとき。

③お支払いが完了していない商品等の所有権は当社にあるにもかかわらず、購入された商品を質入、譲渡、賃貸等に利用したとき。

④返済金のお支払いが1回でも遅れたとき。但し、利息制限法第1条第1項に規定する利率を超えない範囲においてのみ効力を有するものとします。

⑤自ら振出しもしくは引受けた手形、小切手が不渡り処分を受ける等、支払停止状態に至ったとき。

⑥差押、仮差押、仮処分又は滞納処分を受けたとき。

⑦本会員又は本会員の経営される会社が、破産、民事再生、特別清算、会社更生、その他債務整理に関して裁判所の関与する手続きの申立てを受けたとき、又は自らこれらもしくは特定調停の申立てをしたとき。

(2)以下のいずれかに該当する場合は、当社からの請求により期限の利益を喪失し、本会員は直ちに残債務の全額を支払うものとします。

①(1)①から④を除き、本規約上の義務に違反し、それが重大なものであるとき。

②本会員の信用状態が著しく悪くなったとき。


第21条(合意管轄裁判所)

会員と当社の間で訴訟の必要が生じた場合は、訴訟額の多少にかかわらず、本会員の住所地及び当社の本社、支店を管轄する簡易裁判所及び地方裁判所を管轄裁判所といたします。


第22条(その他承諾事項)

(1)その他以下の事項をあらかじめ承諾していただきます。

①第8条(遅延損害金)、第14条(遅延損害金)の遅延損害金及び第13条(融資金の支払方法等)(2)の融資金の利息は、日割計算で行うこと。

②キャッシングサービスのご利用及び返済金のお支払いをCD・ATMで行う場合、当社所定の利用手数料(但し、利息制限法施行令第2条に定める額を上限とします。)をご負担いただくこと。なお、利用手数料については第7条(弁済金等の支払方法等)(2)②に定める1回払いに準じて取扱います。

③本会員のご都合により第7条(弁済金等の支払方法等)、第13条(融資金の支払方法等)以外のお支払方法において発生した入金費用、公租公課、又は訪問集金費用、当社が督促手続きを行った場合の費用、お支払いに関する公正証書の作成費用は、会員資格をなくされた後についても本会員にご負担いただくこと。なお、当社が受領する諸費用は、第14条(遅延損害金)の遅延損害金に含まれるものといたします。

④当社が本会員に対するカード債権を、必要に応じ金融機関又はその関連会社へ譲り渡し、また譲り渡した債権を再び譲り受けること。

⑤当社が会員にお貸ししたカードに偽造、変造等が生じた場合は、当社からの調査依頼にご協力いただくこと、及びカードを回収し、会員番号の異なるカードを発行すること。

⑥当社が本会員に対し、与信及び与信後の管理のため確認が必要な場合には、勤務先、収入等の確認を求めるとともに、本会員の住民票等公的機関が発行する書類・源泉徴収票・所得証明等を取得、ご提出いただくことがあること。

⑦当社が本会員に対し、与信及び与信後の管理、弁済金等又は返済金の回収のため確認が必要な場合に、本会員の自宅、携帯、勤務先及びその他の連絡先に電話確認を取ることがあること。

⑧本会員のカードについて第7条(1)の口座振替によるお支払が連続して13ヶ月以上無く、その後の利用があった場合、お届けの金融機関口座からの口座振替ができないことがあること。

⑨前号の口座振替ができない場合、再度、預金口座振替依頼書等をご提出いただくこと。

⑩当社が本会員に対して貸付の契約にかかる勧誘を行うこと。

⑪カード使用により発生する債務の返済が完了するまでは、引続き本規約の効力が維持されること。

(2)当社が本会員について犯罪による収益の移転防止に関する法律施行令第12条第3項第1号又は第2号に掲げる者に該当する可能性があると判断した場合には、当社は、所定の追加確認を行うことがあります。この場合、当社は、当該追加確認が完了するまでの間、会員に対する通知を行うことなく、カード利用の停止の処置をさせていただくことがあります。また、当社が当該追加確認を完了した場合においても、当社は、会員に対する通知を行うことなく、キャッシングサービスの停止の処置をとる場合があります。


第23条(反社会的勢力の排除)

(1)申込者は、申込者が、現在、次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

① 暴力団

② 暴力団員及び暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者

③ 暴力団準構成員

④ 暴力団関係企業

⑤ 総会屋等

⑥ 社会運動等標ぼうゴロ

⑦ 特殊知能暴力集団等

⑧ 前各号の共生者

⑨ その他前各号に準ずる者

(2)申込者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを確約いたします。

① 暴力的な要求行為

② 法的な責任を超えた不当な要求行為

③ 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為

④ 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の義務を妨害する行為

⑤ その他前各号に準ずる行為

(3)当社は、申込者が(1)もしくは(2)の規定に違反している疑いがあると認めた場合には、申込者によるクレジットカードの入会申込みを謝絶、または本規約に基づくクレジットカードの利用を一時的に停止することができるものとします。クレジットカードの利用を一時停止した場合には、申込者は、当社が利用再開を認めるまでの間、クレジットカード利用を行うことができないものとします。

(4)申込者が(1)もしくは(2)のいずれかに該当した場合、(1)もしくは(2)の規定に基づく確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合のいずれかであって、当社とのクレジットカード会員契約を継続することが不適切であると当社が認めるときには、当社は、直ちに本契約を解除できるものとします。この場合、申込者は、当然に期限の利益を失うとともに会員資格を喪失し、当社に対する一切の未払債務を直ちに支払うものとします。


第24条(会員資格の喪失等)

(1)当社は本会員が以下のいずれかに該当した場合は、通知又は催告なく会員資格の取り消し、カード利用の停止、ご利用可能枠の変更等の処置をさせていただくことがあります。また、当社からカードの返却、一時預り等を求められた場合は、これに応じていただきます。

①第7条(弁済金等の支払い方法等)(1)の自動振替手続きのために必要な金融機関口座の預金口座振替依頼書をご提出いただけないとき、又は前条(1)⑨の場合に預金口座振替依頼書等をご提出いただけないとき。

②第20条(期限の利益喪失)(1)又は(2)各号のいずれかに該当したとき。

③カードのお申込みもしくはその他の当社へのお申込み、申告、届出などで虚偽の申告をしたとき、又は、当社に対する債務の返済が行われないとき。

④信用情報機関の情報により、本会員の信用状態が著しく悪化し、又は悪化のおそれがあると当社が判断したとき。

⑤第18条(お届け事項の変更等)(1)に違反したことなどにより、当社から本会員への連絡が不可能と判断したとき。

⑥第5条(カードのご利用)(7)に定める換金を目的とした商品購入等、又はキャッシングサービス、その他暗証番号を利用するサービスもしくはその他のカードのご利用状況が、不適切又は社会通念に照らし容認できない等、カード利用について当社との信頼関係が維持できなくなったとき。

⑦本会員が日本国内に連絡先を有さなくなり、当社から本会員への連絡が困難と判断したとき。

⑧当社に対する暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、脅迫的な言動、暴力を用いる行為、風説を流布し、偽計を用いもしくは威力を用いて当社の信用を棄損し、又は当社の業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為があったとき。


(2)(1)の処置は、店舗、CD・ATMを通じて行うなど当社所定の方法により行うものといたします。

(3)会員のご都合でカードを解約される場合には当社所定の届出を行っていただき、カードを返却していただきます。

(4)本会員が会員資格を取り消された場合には、家族会員も同様とし、(3)を適用いたします。


第25条(日本国外でのカードのご利用)

 日本国外でのカードのご利用については、以下のことが適用されます。

①商品購入代金又は融資金が外国通貨建ての場合、国際提携組織の決済センターが処理した時点での、国際提携組織が指定するレートで円に換算します。なお商品購入代金については、国際提携組織が指定するレートに当社が海外取引関係事務処理経費として所定の手数料率を加えたレートを適用します。

②商品購入代金及び融資金のお支払方法は1回払いといたします。

③この規約の全ての事項については、外国為替及び外国貿易法等を含め日本法が適用されます。

④当社は当社の指定する国におけるカードのご利用をいつでも中止又は停止することができます。


ゴールドカードの特則

第1条(適用)

ゴールドカード(以下「本カード」という)については、セブンCSカード規約に加え本特則を適用いたします。両規定が重複する場合は、本特則を優先いたします。


第2条(カードの発行)
セブンCSカード規約と本特則(以下総称して「本規約」という)をご承認の上当社に入会のお申込みをされ、当社がセブンCSカード規約第1条に定める本会員又は家族会員として認めた方(以下「会員」という)に本カードを発行いたします。


第3条(年会費)
本会員は、当社に対し、当社の定める年会費とその消費税等を本カードの決済口座を通じてお支払いいただきます。年会費は、本カードのご解約又は会員資格を喪失された場合でもお返ししません。


第4条(融資金の支払方法等)
セブンCSカード規約第13条(融資金の支払方法等)(1)①は次の通りとします。
①リボルビング払い

○3万円コース―本会員が3万円ずつお支払日に支払う方法です。但し、締切日の融資金残高が60万円を超えたときは、お支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。

○5万円コース―本会員が5万円ずつお支払日に支払う方法です。但し、締切日の融資金残高が100万円を超えたときは、お支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。

○10万円コース―本会員が10万円ずつお支払日に支払う方法です。但し、締切日の融資金残高が200万円を超えたときは、お支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。


第5条(会員資格の喪失等)
セブンCSカード規約第24条(会員資格の喪失等)に以下の事項を追加します。
(1)⑧年会費のお支払いがないとき。

セゾンアメリカン・エキスプレス・カードの特則

第1条(適用)
セゾンアメリカン・エキスプレス・カード(以下「本カード」という)については、セブンCSカード規約に加え本特則を適用いたします。両規定が重複する場合は、本特則を優先いたします。


第2条(カードの発行)

セブンCSカード規約と本特則(以下総称して「本規約」という)をご承認の上当社に入会のお申込みをされ、当社がセブンCSカード規約第1条に定める本会員又は家族会員として認めた方(以下「会員」という)に本カードを発行いたします。


第3条(年会費)
本会員は当社に対し、当社の定める年会費とその消費税等を本カードの決済口座を通じてお支払いいただきます。年会費は、本カードの解約又は会員資格を喪失された場合でもお返ししません。


第4条(キャッシングサービス)

キャッシングサービスについては、セブンCSカード規約第12条(キャッシングサービス)の規定に以下の事項を追加します。

(4)会員は、日本国外のアメリカン・エキスプレス旅行サービスの営業所、提携代理店において本カードを提示し、その営業所が定める手続きに従い、第12条(2)に定めるご利用可能枠の範囲内でキャッシングサービスをご利用できます。但し、この場合使用目的が限定される場合があります。

(5)(1)から(4)のほか、当社及びアメリカン・エキスプレスが別途定める規定がある場合は、それが適用されます。


第5条(会員資格の喪失等)
セブンCSカード規約第24条(会員資格の喪失等)に以下の事項を追加します。
(1)⑧年会費のお支払いがないとき。


第6条(外国通貨建て取引の円換算方法)
セブンCSカード規約第25条(日本国外でのカード利用)①は以下の通りとします。
(1)商品購入代金又は融資金が外国通貨建ての場合、当社及び国際提携組織の定める方法により、円に換算した金額をお支払いいただきます。なお、アメリカン・エキスプレスが換算する場合、カードの利用代金が米ドル以外の外国通貨建てで生じたときは、カードの利用代金を一旦米ドルに換算後これを円換算するものとし、商品購入代金については、円換算時に2%の外貨取扱手数料を加えた換算レートを使用します。


第7条(セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード及びセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード及びセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードについては、セブンCSカード規約第13条(融資金の支払方法等)(1)①は次の通りとします。
 ①リボルビング払い
  ○3万円コース―本会員が3万円ずつお支払日に支払う方法です。但し、締切日の融資金残高が60万円を超えたときは、お支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。

○5万円コース―本会員が5万円ずつお支払日に支払う方法です。但し、締切日の融資金残高が100万円を超えたときは、お支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。

○10万円コース―本会員が10万円ずつお支払日に支払う方法です。但し、締切日の融資金残高が200万円を超えたときは、お支払い金額が5千円増額され、これに加え10万円を超える毎に5千円ずつ増額されます。


■ショッピングでのリボ払い月々お支払い額算出表(第7条(2)①参照)

標準コース 長期コース
ご利用があった時の締切日残高 弁済金(月々のお支払額) ご利用があった時の締切日残高 弁済金(月々のお支払額)
1~100,000円 10,000円 1~60,000円 3,000円
100,001~は、50,000円増すごとに 5,000円ずつ加算 60,001~200,000円は、20,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
  200,001~400,000円は、25,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
400,001~500,000円は、50,000円増すごとに 1,000円ずつ加算
500,001~は、50,000円増すごとに 2,000円ずつ加算

注1.弁済金が上記の算出表の該当弁済金の額に満たない場合には、全額となります。

注2.新たなカードの利用がないときは、前回と同額のお支払い額となります。



■キャッシングでのリボ払い月々お支払い額算出表

ご利用残高 セブンCSカード
(第13条(1)①参照)
ゴールドカード・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
(ゴールドカード特則第4条セゾンアメリカン・エキスプレス・カード特則第7条参照)
長期コース 標準コース 3万円コース 5万円コース 10万円コース
1~100,000円まで 4,000円 10,000円 ご利用残高
600,000円までは
30,000円
ご利用残高
1,000,000円までは
50,000円
ご利用残高
2,000,000円
までは100,000円
100,001円~150,000円まで 6,000円
150,001円~200,000円まで 8,000円
200,001円~250,000円まで 10,000円 15,000円
250,001円~300,000円まで 12,000円
300,001円~350,000円まで 14,000円 20,000円
350,001円~400,000円まで 16,000円
400,001円~450,000円まで 18,000円 25,000円
450,001円~500,000円まで 20,000円
500,001円~550,000円まで 22,000円 30,000円
550,001円~600,000円まで 24,000円
  以降50,000円増すごとに2,000円ずつ加算 以降100,000円増すごとに5,000円ずつ加算 以降100,000円増すごとに5,000円ずつ加算 以降100,000円増すごとに5,000円ずつ加算 以降100,000円増すごとに5,000円ずつ加算

※お利息は毎月のお支払額に含まれております。
※新たなお借入れ又は、お支払日前までにお支払いをされた場合、次回のお支払日までの期間やご融資利率により、お利息が上記表に記載の金額を超えるときがございます。この場合、お利息を超えるまで、上記表に記載の金額に1,000円単位毎で加算した金額がお支払額となります。但し、加算される金額の上限は5,000円までとします。
※月々のお支払額が算出表の該当お支払額に満たない場合には、全額となります。

※長期コースは当社が認めた場合に限り選択いただけます。

■ショッピングでのリボ払いお支払いの一例

※ご利用可能枠20万円・長期コース(実質年率14.52%)でご利用の場合
ご購入(現金価格) 4/11 スーツ 60,000円(税込)
6/11 ブラウス 20,000円(税込)
お買物可能額 140000円 142274円 124576円
お支払残高 60000円 57726円 20000円
55424円
お支払額(弁済金) 3000円 3000円 4000円
  手数料 60000円×14.52%÷12ヶ月=726円 57726円×14.52%÷12ヶ月=698円 55424円×14.52%÷12ヶ月+20000円×14.52÷12ヶ月=912円
商品代金充当分 3000円-726円=2274円 3000円-698円=2302円 4000円-912円=3088円
お支払日 6/4 7/4 8/4

2016年3月現在


ICカード特約


第1条(適用)
本特約は、カードが、ICチップを組み込んだカード(以下「ICカード」という)である場合のICカードの利用方法について定めたもので、セブンCSカード規約及びセブンCSカード規約とともに適用される特約に加え、ICカードの貸与を受けた会員に適用されます。各規定が重複する場合は、本特約を優先いたします。


第2条(暗証番号)
本会員は、当社所定の方法によりセブンCSカード規約第4条(暗証番号)(1)の暗証番号の変更登録を申し出ることができます。この場合、本会員はICカードを当社所定の方法により返却し、当社が認めた場合、ICカードの再発行を受けること又はその他当社所定の方法により変更後の暗証番号を利用できるものとします。


第3条(ICカードの管理)
ICカードの管理については、セブンCSカード規約第2条(カードの貸与)に以下の項目を追加いたします。
(5)会員はICカードの破壊、分解等又はICカードに格納された情報の漏洩、複製、改ざん、解析等をすることはできません。


第4条(期限の利益喪失)
セブンCSカード規約第20条(期限の利益喪失)(1)に以下の項目を追加いたします。
⑧ICカードの破壊、分解等を行い、又はICカードに格納された情報の漏洩、複製、改ざん、解析等を行ったとき。


第5条(特約の変更)
本特約が変更され、その変更内容を本会員にお知らせした後に、会員がICカードをご利用された場合は、内容をご承諾いただいたものとみなさせていただきます。


ETCカード規約


第1条(本規約の趣旨)
本規約は、会員がETCカードを利用する場合の規約を定めたものです。会員は本規約を承認し、自動料金収受者が別途定めるETCシステム利用規程及び関係法令を合せ遵守してETCカードを利用するものとします。


第2条(定義)
本規約における次の用語は、以下の通りの定義で用います。
1.「ETCカード」とは、自動料金収受者が運営するETCシステムにおいて利用される通行料金支払いのための専用カードをいいます。
2.「自動料金収受者」とは、東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社など道路整備特別措置法に基づく有料道路管理者のうち株式会社セブンCSカードサービス(以下「当社」という)の提携カード会社(以下「提携会社」という。また、当社と提携会社を併せて以下「両社」という)がクレジットカード決済契約を締結した有料道路管理者をいいます。
3.「ETCシステム」とは、自動料金収受者の定める料金所においてETC利用者がETCカード及び車載器、並びに自動料金収受者の路側システムを利用して通行料金の支払いを行うシステムをいいます。
4.「車載器」とは、ETC利用者がETCシステム利用の為車輌に設置する通信を行うための装置をいいます。
5.「路側システム」とは、自動料金収受者の定める料金所のETC車線に設置され、ETC利用者の車載器と無線の方法により必要情報を授受する装置をいいます。


第3条(ETCカードの発行・管理責任)

(1)当社は、当社が提携会社と別途締結したETC間接発行業務委託契約に基づきETCカードを発行します。
(2)当社は、セブンCSカード規約に定めるカード(以下「カード」という。)を保有する会員でETCシステム利用希望者のうちから、当社の定める方法でお申込みをされ、当社がETCカードのご利用を認めた方に、ETCカードをカードに追加して発行し、お貸しいたします。ETCカードを発行された会員は、ETCシステムにおいてはカードに代わりETCカードのご利用によりカードによる決済サービスを受けることができます。
(3)ETCカードの所有権は当社にあり、会員はカードを、他人に貸したり、譲り渡したり、質入れその他の担保利用などはできません。
(4)(3)に違反し、第三者によるETCカードの使用が発生したことによる損害は、会員のご負担となります。


第4条(ETCカードの利用方法)
(1)会員は、自動料金収受者の定める料金所において、ETCカードを挿入した車載器を介し路側システムと無線で必要情報を授受し、通行料金のお支払いができます。
(2)会員は、自動料金収受者の定める料金所においてETCカードを提示して有料道路の料金のお支払いができます。


第5条(ETCカードのご利用代金の支払方法及び利用限度額)
(1)ETCカードのご利用代金の支払方法は1回払いとなります。
(2)当社は会員のETCカードご利用代金をカードのご利用代金請求と同じ方法によりご請求し、会員にはカードのご利用代金と合算してお支払いいただきます。
(3)当社のご利用代金のご請求は、自動料金収受者の請求データに基づきます。もし、自動料金収受者の請求データに疑義がある場合は会員と自動料金収受者間で解決し、当社へのお支払の義務は免れません。
(4)ETCカードの利用限度額は、カードの利用残高と合算して、当社が別途通知したカード利用限度額の範囲内とします。


第6条(ETCカードの利用・貸与の停止など)
会員が本規約もしくはセブンCSカード規約に違反した場合、ETCカードもしくはカードのご利用状況が不適切な場合、当社は、会員に通知することなくETCカードまたはカードもしくは両カードの利用の停止、返却などセブンCSカード規約第23条(会員資格の喪失等)に定める措置をとらせていただきます。


第7条(ETCカードの紛失・盗難等)
(1)会員が、ETCカードを紛失し、もしくは盗難にあった場合、ETCカードが毀損もしくは変形した場合は、直ちに当社にお届けいただきます。
(2)ETCカードの紛失・盗難の場合の会員の責任は、セブンCSカード規約第16条(カードの紛失、盗難等)によります。
(3)ETCカードを車内に放置していた場合は、セブンCSカード規約第16条(2)④に該当し、紛失、盗難について重大な過失があったものとみなさせて頂きます。


第8条(ETCカードの再発行)
ETCカードが紛失、盗難、汚破損等によりご利用いただけなくなった場合には、会員には当社が定める手続きをおとりいただき、当社が認めた場合に再発行いたします。この場合、当社が定めるお手数料(消費税等含む)をご負担いただきます。


第9条(ETCカードの有効期限)
(1)ETCカードの有効期限は、カードとは別に当社が定めるものとします。
(2)(1)の有効期限までに特に会員からのお申し出がなく、当社が引続き会員として認めた方には、新しい有効期限のETCカードを送付いたします。


第10条(年会費)
会員は、当社に対し、当社の定める年会費とその消費税等を本カードの決済口座を通じてお支払いいただきます。年会費は、本規約又は会員資格を喪失された場合でもお返しいたしかねます。


第11条(カード会社の免責)
両社はETCカードのご利用代金の決済に関する事項を除いてETCシステム及び車載器に関する一切の紛議の解決及び損害賠償の責任を負いません。


第12条(セブンCSカード規約)
本規約に定められていない事項については、セブンCSカード規約によるものとします。


第13条(本規約の変更等)
当社は本規約の一部もしくは全てを変更する場合は会員にその内容をお知らせいたします。お知らせ後に会員がETCカードをご利用された場合は、内容をご承認いただいたものとみなさせていただきます。




永久不滅ポイント規約
(セブンCSカードサービス発行クレジットカード会員用)


第1条(本規約)

本規約は、株式会社クレディセゾン(以下「当社」という)が提供する次条第2項に定める本サービスを、次条第1項に定める会員が利用するにあたっての基本的条件を定めるものです。


第2条(定義)

1.「会員」とは、本規約に同意の上、次項に定める本サービスの利用を申込み、当社が認めた方をいいます。

2.「本サービス」とは、会員が、当社が運営する永久不滅ポイントプログラム(以下「ポイントプログラム」という)を利用すること等により、一定の特典を受けることができるサービスをいいます。

3.「ポイント」とは、ポイントプログラムにおいて会員が株式会社セブンCSカードサービス(以下「セブンCSカード社」という)が発行するクレジットカード(家族カードを含む)(以下「本カード」という)により信用販売を受ける商品・権利の購入、またはサービスの提供(以下「商品・権利・サービス」を以下「商品等」という)の購入代金(以下「カード利用代金」という)に応じて付与されるポイントをいいます。


第3条(ポイント適用除外)

カード利用代金には、キャッシングサービスの利用代金、カード年会費、リボルビング払いまたは分割払いの手数料、本カードの再発行等に関する手数料、一部のショッピング利用代金、その他当社が指定する代金は、含まれないものとします。


第4条(ポイント付与の対象取引)

1.当社は、本カード毎に、当該カード利用代金の締切日における利用金額合計に対し、1,000円につき1ポイントを会員に付与します。

なお、1,000円に満たない端数は切り捨ててポイント数を算出します。

2.当社は、当社又は当社が提携する第三者もしくは加盟店が実施するキャンペーン等により、前項のポイントとは別に所定のボーナスポイントを付与することがあります。

3.前二項のポイントは、ポイント付与の対象となる取引等を当社が確認し付与ポイントを確定した後付与しますが、加盟店からの売上票到着時期または事務処理上の都合により、変動することがあります。

4.ポイント付与の対象となるカード利用を取消し、また変更した場合等、ポイント付与後にカード利用代金に増減が生じた場合には、当社はこれに応じてポイント数を増減します。


第5条(ポイント確認方法)

会員に付与したポイント数およびポイント数の残高は、セブンCSカード社が提供する本カード会員専用サービスであるNetアンサー及びパーソナルアンサー(自動音声応答)並びに本カードのご利用明細書において確認することができます。


第6条(ポイントの合算)

会員が自己の名義で複数の本カードをお持ちの場合、それぞれのカードのポイントが合算されます。


第7条(ポイントの交換)

1.会員は、当社から付与されたポイントを当社が指定する商品、サービスまたは提携先の運営するポイントサービスを利用する権利等(以下「交換商品等」という)と交換すること(以下「ポイント交換」という)ができます。なお、ポイントを現金と交換することはできません。

2.会員は、ポイント交換を希望する場合は、当社所定の方法により当社に申し込むものとします。なお、ポイント交換の申込みを当社が受付した後の取り消し、交換商品等の変更、返品、送付先の変更はできません。

3.交換商品等の送付先は、会員の住所または本カードのご利用明細書の送付先とし、国内に限ります。なお、会員が届出た住所に誤りがある等の理由により交換商品等が送付できなかった場合、当社は、一切の責任を負わず、また再送付する義務を負いません。

4.当社は第2項の申込みを受付した時点で、交換商品等の交換に必要なポイント数をポイント残高より減算します。

5.当社の都合により会員が指定した交換商品等の提供ができない場合、会員は当社の提供可能な他の交換商品等を指定するかまたはポイント交換を中止できるものとします。なお、ポイント交換を中止した時点で当社が既にポイント数を減算している場合の当該減算したポイント数の会員に対する返戻は、当社所定の時期、方法によるものとします。

6.第3項の場合において、第1項の交換手続き完了後60日を経過しても交換商品等が届かないときは、会員は当該交換手続き後75日以内に当社にその旨を連絡します。会員から連絡のない場合は、当該交換商品等が送付されたものとみなします。


第8条(当社発行カードの永久不滅ポイントとの相互移行)

会員が当社所定のクレジットカード(以下「当社発行カード」という)会員である場合、当社所定の方法により当社発行カードに付与された永久不滅ポイントと本カードに付与されたポイントを相互に移行することができます。


第9条(譲渡等の禁止)

会員は、当社が認めた場合を除き、本サービスを利用する権利の全部又は一部を第三者に譲渡、相続、質入その他担保に供する等の行為をさせることはできません。


第10条(変更の届出)

会員が届け出た氏名、住所、電話番号等に変更があった場合は、会員は当社所定の方法で当社あてに届け出るものとします。なお、会員がセブンCSカード社に本カードの会員規約に基づき届け出た変更事項については、これをもって本規約に定める届出があったものとします。


第11条(本サービスの一時中断)

当社は、会員への事前の通知又は会員の承諾を要することなく、本サービス提供のための装置の保守点検、設備更新・運営上もしくは技術上の必要又は災害・装置の故障・突発的なシステムへの負担の増加等の事由により本サービスの提供を中断又は内容を変更する措置を取ることがあります。この場合、そのために会員に生じた損害については、当社に故意又は重過失がない限り当社は一切の責任を負いません。


第12条(免責事項)

1.当社の責めによらない、通信機器、端末等の障害もしくは回線の不通等の障害等により、本サービスの取扱いが遅延もしくは不能となった場合、そのために生じた損害については当社は一切の責任を負いません。

2.ポイント数に関するデータが災害その他の変更等やむを得ない事情によって消失した場合又はそのデータに異常が生じた場合には、当社は、当該時点における一般的な技術水準に従い合理的な措置を講じるものとします。それにもかかわらずデータの復元又は異常の解消がされなかった場合、そのために生じた損害については、当社に故意又は重過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負いません。


第13条(ポイントの失効等)

会員が次の各号のいずれかに該当する場合、当社は、ポイントの全部もしくは一部を失効し又は本サービスの利用を停止することができます。失効の対象となるポイント残高がない場合、会員は、当社が受けた損害を賠償するなど、当社の請求に応じます。当社は、ポイントの失効又は本サービスの利用停止に関し一切の責任を負わず、何らの補償も行いません。

(1)本規約その他当社の定める条件に従っていなかった場合

(2)不正な方法によりポイントが付与され又は交換されたと当社が判断した場合

(3)セブンCSカード社に対する支払債務を延滞したことが判明した場合

(4)本カードの規約に違反したことが判明した場合

(5)その他失効又は本サービスの利用停止を行うことが適当と当社が判断した場合


第14条(資格喪失)

会員が次の各号のいずれかに該当する場合、当社は、会員に何らの通知もすることなく、会員資格を喪失させることができます。

 

(1)本カードの有効期限の到来、退会、会員資格の取り消し等本カードの会員資格を喪失する事由に該当した場合

(2)本規約に違反した場合

(3)死亡した場合

(4)第13条各号に該当した場合

(5)本サービスのご利用状況もしくは当社との他の契約に基づく取引状況が、不適切又は社会通念に照らし容認できない等のため、当社との信頼関係が維持できなくなった場合

(6)当社に対して暴力的な行為、脅迫的な言動、不当な要求をし、又は当社の信用を毀損し、もしくは当社の業務を妨害する等の行為があった場合

(7)その他当社が不適当と判断する行為を行った場合

2.会員が前項各号のひとつにでも該当することにより当社が損害を被った場合、会員は、 当社が被った損害を賠償します。

3.第1項の場合、ポイントは取り消され、会員は、ポイントに関する一切の権利を失います。


第15条(本規約の変更等)

1.当社は、本規約の一部又は全部をいつでも改定できます。この場合、当社は、ホームページでの告知または当社所定の方法により会員にお知らせします。

2.当社はいつでも本サービスの全部又は一部を変更、中止又は廃止できます。その結果会員に損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負わず、何らの補償を行いません。


第16条(合意管轄)

本サービスの利用に関して当社と会員との間に生じた紛争について訴訟の必要が生じた場合は、会員の住所地及び当社の本社、支店を管轄する簡易裁判所並びに地方裁判所を管轄裁判所とします。


クラブ・オン/ミレニアムカード 会員規約

2016年3月改定


第1条〔会員カードの名称〕

株式会社そごう・西武(以下「当社」)が発行する会員カードのうち、当社の西武各店で発行するカードを「クラブ・オンカード」、そごう各店で発行する会員カードを「ミレニアムカード」(以下、両会員カードを「会員カード」)と称します。

第2条〔会員の資格〕

会員とは、クラブ・オン/ミレニアムカード 会員規約(以下「本規約」)を承認の上、当社に対しクラブ・オン/ミレニアムカード入会申込書の所定事項をご記入・ご提出されたお客さまのうち、当社が入会を認めた13歳以上のお客さまをいいます。

第3条〔個人情報の取り扱い〕

(1)当社は、クラブ・オン/ミレニアムカード入会申込書の記入事項(ご住所、お名前、電話番号等)及び会員カードの 利用状況に関する情報(以下「個人情報」)を利用します。個人情報の管理につきましては、当社が責任を負います。
(2)当社は、会員に対するポイント付与、会員カード付帯サービスの提供、商品・サービスの開発・営業情報・商品情報 等の各種ご案内の送付又は送信を目的に、個人情報を利用します。
(3)当社からの各種ご案内の送付及び送信の停止について、以下の方法により会員からのお申し出があった場合は、 当社は遅滞なくその停止に係る手続きを実施します。
①クラブ・オン/ミレニアムカード入会申込書の所定の確認欄に不同意と記入された場合
②当社各店舗のクラブ・オン デスク又はミレニアムカードカウンター(以下「メンバーズカウンター」)にお申し出があった場合

第4条〔会員カードの発行・貸与等〕

(1)当社は会員の証として、会員1名につき会員カード1枚を発行し、貸与いたします。
(2)会員は、会員カード裏面の本人ご署名欄に自署し、善良なる管理者の注意をもって、会員カードを保持・使用するもの とします。
(3)会員カードは、自署した会員本人のみが利用できるものとします。会員カードの所有権は当社に帰属しますので、会員 は他人に会員カードを譲渡、貸与、担保提供等することはできません。
(4)1月1日から12月末日までの商品又はサービスの購入金額(税抜き)(以下「年間お買いあげ額」)により、その翌年 のサービスが変更される場合があります。また、年間お買いあげ額の計上は、商品又はサービスの購入(以下「お買 いあげ」)に係る代金支払い時とします。なお、修理・加工を伴う商品をご購入の場合は、商品お渡し時の計上とさせ ていただく場合がございます。

第5条〔会員資格の有効期限〕

(1)会員資格の有効期限は当社が定める日までとします。
(2)2年間以上会員カードのご利用が無いときは、会員資格を喪失する場合があります。

第6条〔会員の特典等〕

(1)会員が当社の各店舗の売場において、会員カードを提示して1回あたり1,000円以上(税抜き)お買いあげになった ときは、次項以下に定めるクラブ・オン/ミレニアムポイント(以下「ポイント」)を付与いたします。なお、会員が会員 カードを複数枚保有している場合、それらの会員カードのポイントを合算することはできません。
(2)会員に付与されるポイントは、以下のとおりです。
①基本ポイントとして、お買いあげ額の2%(一部1%の売場もあります)のポイントが、お買いあげ時に付与されます。
②基本ポイントが2%の売場については、前年の年間お買いあげ額に応じて、以下のとおり付与されるポイントが アップします。なお、ポイントがアップする期間は、翌年の2月1日から1年間とします。
・前年の年間お買いあげ額が20万円以上の場合:通常2%のポイントが4%(2%+2%)にアップ
・前年の年間お買いあげ額が50万円以上の場合:通常2%のポイントが5%(2%+3%)にアップ
・前年の年間お買いあげ額が100万円以上の場合:通常2%のポイントが7%(2%+5%)にアップ
③食品、レストラン、喫茶、テナント専門店、中元歳暮ギフトセンター(食品)等、基本ポイントが1%の売場については、前年 の年間お買いあげ額にかかわらず、付与されるポイントは常にお買いあげ額の1%となります。
④上記以外に、ポイントがサービスポイントとして付与されることがあります。
(3)本条(2)にかかわらず、以下の場合にはポイントは付与されません。但し、原則として年間お買いあげ額への加算は 対象となります(一部対象除外となる売場・商品があります)。
①一部の食品売場・催事会場においてお買いあげの場合
②他の割引を利用してお買いあげの場合
③その他当社が指定するお買いあげの場合
(4)本条(2)及び(3)にかかわらず、以下の場合にはポイントは付与されません。また、年間お買いあげ額への加算も対象 除外となります。
①1回あたりのお買いあげ額が1,000円未満(税抜き)である場合
②通信販売によりお買いあげの場合
③金銀白金等の地金類、商品券・ギフト券・切手・印紙等の金券類、チケット類又はプリペイドカードを購入する場合、 及び旅行代金を支払う場合
④贈答用の箱代、運送料、加工・修理代を支払う場合
⑤消費税・サービス税等の税金を支払う場合
⑥クレジットカードによる支払以外の方法で売掛金を支払う場合
⑦代金引換によりお買いあげの場合
⑧手付金その他仮受金を支払う場合
⑨その他当社が指定する売場でのご利用、及び当社が指定するお買いあげの場合
(5)付与されたポイントの有効期限は、付与された年の翌年の12月末日までとなります。有効期限を過ぎたポイントは 失効し、次年度へ繰り越すことはできません。

第7条〔付与されたポイントの利用・交換方法〕

(1)前条(2)により付与されたポイントは、当社各店舗にて1ポイント=1円換算にて商品又はサービス購入代金のお支 払いに充当すること、もしくは当社と提携する他社の運営するポイントサービスを利用する権利等と交換すること(以下、「ポイント交換」)ができます。なお、ポイントを現金等と交換することはできません。
(2)前条(4)②③⑥⑦⑧⑨の場合、ポイントを利用することができません。
(3)ポイントを利用されたお買いあげ額については、前条(2)は適用されません。
(4)ポイントの利用・交換について、1回あたり又は1日あたりのご利用可能ポイントを制限させていただく場合がございます。 この場合、当社が特に認めた場合を除き、当社が定めた上限ポイントを超えてのポイント利用・交換はできません。
(5)会員が、ポイント交換を希望する場合は、当社所定の方法により当社に申し込むものとします。なお、ポイント交換の申込みを当社が受付した後の取り消し、交換商品等の変更、返品はできません。
(6)当社は、本条(5)の申込みを受付した時点で、ポイント交換に必要なポイント数をポイント残高より減算します。なお、理由の如何にかかわらずポイント交換が出来ない場合、当社が既にポイント数を減算している場合の当該減算したポイント数の会員に対する返戻は、当社所定の時期、方法によるものとします。
(7)コンピューターの障害等でポイントの利用・交換が一時的にできなくなる場合があります。
(8)付与されたポイントを他人へ譲渡すること、換金目的で使用することはできません。

第8条〔家族でプラス会員〕

(1)「家族でプラス会員」(以下「ファミリー会員」)とは、ファミリー会員に必要な所定の申請手続きをされた会員のうち、 当社が認めた同居のご家族の会員全員のことをいいます。なお、ファミリー会員の人数は、同居されているご家族の うち最大5名までとし、ファミリー会員は2名以上の登録をもって維持されるものとします。
(2)ファミリー会員の申請は、申請されるご本人が、当社各店舗のメンバーズカウンターで手続きを行うものとします。その 際、ご家族であることを証明いただく書類・証紙類等のご提示を求める場合があります。なお、申請に際してはご家族 2名以上でご来店し、手続きを行うものとします。
(3)ファミリー会員の追加の申請をされる場合は、既にファミリー会員となっている方1名以上と一緒にご来店し、手続き を行うものとします。
(4)ファミリー会員には、ファミリー会員のうち、親会員を1名選定いただくものとし、その他のファミリー会員の登録順も 決めていただくものとします。なお、当社からご案内させていただくDM等については、親会員のみに送付させていただく 場合があります。
(5)本条(4)で選定された親会員が、第12条及び第13条により会員資格を喪失した場合は、新たに親会員を1名選定 していただきます。但し、選定のお申し出がない場合は、本条(4)で決めていただいた登録順に、当社が親会員を 選定することができるものとします。
(6)ファミリー会員の申請は、毎年2月1日から当年12月末日までとし、翌年以降は自動更新します。また次条(1)で定め るファミリー会員の特典は、登録年度の翌年から適用するものとします。
(7)ファミリー会員を退会される場合は、ご登録ご本人又は親会員から、当社各店舗のメンバーズカウンターへ申請 された場合に限り、受け付けいたします。
(8)本条(7)により、ファミリー会員を退会した場合、又はファミリー会員の資格を喪失した場合等により、ファミリー会員 としての登録が維持できなくなった場合は、次条(1)に定めるファミリー会員の特典は失効します。

第9条〔ファミリー会員の特典〕

(1)ファミリー会員については、ファミリー会員全員の年間お買いあげ額を合算し、合算された年間お買いあげ額の合計 金額に応じ、ファミリー会員全員に対し、第6条(2)②の特典を適用します。
(2)本条(1)の特典とは別に、ファミリー会員個々のポイントの合算はいたしません。

第10条〔住所等変更の連絡〕

当社に登録した会員のご住所、お名前、電話番号等を変更した場合は、速やかに当社各店舗のメンバーズカウンターまでご連絡ください。

第11条〔会員カードの紛失・盗難等の場合〕

(1)会員カードの汚損、紛失等の理由により会員カードを利用できなくなった場合は、当社の定める手続きをお取りいた だき、当社が認めた場合には会員カードを再発行いたします。この場合、当社が定める会員カードの再発行費用を ご負担いただきます。
(2)会員カードの紛失・盗難等が発生した場合、第三者に利用されたポイント及びポイントの失効について当社は一切 の責任を負いません。

第12条〔会員資格の喪失〕

会員が本規約に違反した場合、その会員はただちに会員資格及び累計ポイントを喪失するものとします。

第13条〔退会等〕

(1)会員は、随時退会できるものとします。退会により会員資格を喪失することとなります。
(2)会員は、退会するときは、当社各店舗のメンバーズカウンターにおいて退会の申請手続きをし、会員カードを返却する ものとします。
(3)退会において累計ポイントが残っている場合、そのポイントは失効するものとします。

第14条〔規約の変更〕

本規約の内容は、予告なく変更、改定又は廃止をする場合があります。

第15条〔お買いあげ商品返品時の処理〕

(1)代金精算済の商品(以下「お買いあげ商品」)を返品する場合、会員は、お買いあげ商品を購入した店舗において 返品することとし、返品時に会員カードを提示するものとします。
(2)お買いあげ商品の返品がなされた場合には、お買いあげ商品購入時に付与されたポイントの相当数が減じられます。
(3)本条(2)によりポイントの相当数が減じられ、累計ポイントがマイナスとなった場合、マイナス分を現金にて精算させて いただくことがあります。

第16条〔個人情報の開示・訂正・利用停止等について〕

(1)会員からの個人情報の開示・訂正・利用停止等に関するお問い合わせ、お申し出又はご相談は、当社各店舗のメン バーズカウンターにて承ります。
(2)個人情報の開示については、当社の定める手続きに従い、原則として当社指定の書面により回答いたします。この 場合、当社の定める手数料をご負担いただきます。
(3)個人情報の訂正・利用停止等において書面による回答が必要な場合は、本条(2)と同様に当社の定める手数料 をご負担いただきます。

第17条〔会員専用インターネットサービス〕

(1)会員専用インターネットサービスのご利用には、当社ホームページにて、会員ご本人によるメールアドレス登録等の手続きが必要です。
(2)ご利用に際しては、本規約及び当社ホームページ記載の「ホームページご利用について」、「そごう/西武インターネットサービスの登録について」にご同意いただくことが前提となります。

第18条〔その他承諾事項〕

会員は、会員が、現在、反社会的勢力(暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業関係者、総会屋、特殊知能暴力集団等)に該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。なお、当社は、会員がこれら反社会的勢力に該当すると具体的に疑われる場合は、カードの利用を一時停止するとともに、当該事項に関し報告を求めることができ、当社がその報告を求めた場合、会員は当社に対し、合理的期間内に報告書を提出しなければならないものとします。



(問合わせ先)

(1)商品購入についてのお問合わせ、ご相談はカードをご利用になった店舗にご連絡下さい。

(2)立替払い(お支払い)、支払停止の抗弁に関する書面(セブンCSカード規約第11条(4))、及びキャッシングサービスについてのお問合わせ、ご相談は下記におたずね下さい。

株式会社セブンCSカードサービス 

〒102-8436 東京都千代田区二番町4番地5

貸金業者登録番号 関東財務局長(3)第01482号


インフォメーションセンター

0570-064-796

※国際電話、IP電話をご利用の場合は、東京03-5996-1531、大阪06-7709-8001におかけください。


当社が契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関のご紹介
貸金業法に基づき、当社の貸金業務に関して、第三者の介入による解決をご希望の方に、以下の指定紛争解決機関をご紹介します。
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
〒108‐0074 東京都港区高輪3-19‐15 TEL:0570-051-051
(受付時間9:00~17:30 土・日・祝日・年末年始休み)




●本規約に同意されない場合又はお送りしたカードがご不要の場合には、お手数でもカードご利用開始前にカードを切断し、解約される旨を明記の上当社あてご返送ください。